<   2006年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
森の散歩道
AM6:00 散歩に出発
d0085894_1114849.jpg

ほんのり赤い空と秋らしい雲。この時間でないと見れない空。

d0085894_11153033.jpg

松林では松の香りをクンクン。子供の頃から大好きな香りです。

d0085894_11181431.jpg

森の中に入ってきました。
すぐ近くに舗装された道もあるけれど、こんな散歩道がず~っと続きます。
とても静かな森の中。鳥の鳴き声と、虫の音が一面から響いています。

d0085894_11194616.jpg

山へ登る道にも出くわします。拾った長い木の棒を登山入り口においておきました。
朝早くから登山をしている人もいるようです。
私の税理士さんも毎朝5時に起きて登っているって言ってました。

d0085894_1121377.jpg

歩いているとたくさんの人にすれ違います。みんなウォーキングやランニング中。
ほとんどが高齢の方です。
すれ違う時に「おはようございます」の挨拶は欠かしません。
しばらく歩いて小さな広場へ。

d0085894_11201936.jpg

こんなものが置いてありました。
背中をこれにそって伸ばす道具です。きもちいい~。



もと来た道を戻って、
AM7:00 散歩終了。


森の散歩、一緒に楽しめていただけましたか?
[PR]
by k_mukumuku | 2006-09-25 11:27 | nature
クッキーアート
d0085894_105727100.jpg
ロンドンで見つけたテラコッタのクッキー型。
こんなかわいいクッキー食べてみたいなぁ。
実はコレ、shop tique(ティクエ)の商品なんですが、先日旅立って行きました。
d0085894_115182.jpg
アンティークのハンカチと共に、パティシエの方へプレゼントされるそうです。
いつかこの男の子型のクッキーが私の口に入ることを願いつつ。。
[PR]
by k_mukumuku | 2006-09-19 11:12 | kitchen
石けんの話
d0085894_15213220.jpg
石けんは好きですか?
5000年前から人は石けんを使ってきました。
その起源は、食べるために動物を丸ごと焼いたあと、したたり落ちた油が変化し下の石がピカピカになったのに気付いた・・・とかだったと思います。

私は石けんを大きなビンにたくさん入れてます。
すぐ使い切るものではないですが、少なくなると「また違う石けんを試せる!」とウキウキします。
使うものは全て成分が石けんの”石けん”です。

石けんには2種類あるんですね。
汚れを落とす成分が「石けん」のものとそれ以外のもの。
それ以外の石けんとは、「合成洗剤」のことです。

恥ずかしながらこの違い、7年前の私は分かりませんでした。
テレビのCMで見るものも、お店で売られているものも、ひいては人からいただくものも
ほとんどが合成洗剤の石けんだったから。

ある日、訪れた皮膚科の先生に言われました。
「石油で出来ている石けんやシャンプーは使ったらだめ。合成洗剤は、あなたのように肌の弱い人にはどんどんひどくなるから。」
?? 家のシャンプー達は何で出来てるんだろう?
家に帰って見てみると、石けんには「化粧石けん」、食器洗い洗剤には「合成洗剤」と書いていました。
あれ、これ全部だめだったの?と驚き、それから色々と調べてみました。

d0085894_1632221.jpg
そして世の中に「石けん」を作っているたくさんの小さな会社を知りました。
嬉しいことに、私の地元にも「シャボン玉石けん」という素晴らしい会社がありました。
そういえば昔、その会社の人が「一般に市販されているシャンプーを金魚鉢に入れると死んでしまいますが、私の会社のシャンプーを入れるとエサになります」と言っていたのを思い出しました。
d0085894_16371964.jpg

石けんで出来た石けんの中にも原料は色々あって、つきつめていくと油の種類まで気になります。
動物油脂からパーム油、オリーブ油などなど。
もっと良いものをと極めていって、好みの油を使った石けんを自分で作れることを知りました。
オリーブオイルにスイートアーモンドオイルとホホバオイル、シアバターをたっぷり入れた「最高に贅沢な石けん」を使うと、化粧水がいらないくらいしっとりとした洗い心地です。

ちなみに「化粧品も石油系は肌に禁物」といわれた私が、化粧品も手作りの道へと入ったのは言うまでもないでしょうか。 笑
d0085894_16293540.jpg

[PR]
by k_mukumuku | 2006-09-14 16:44 | bath