<   2008年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧
クマと もりと ひと

ある日、森の中でクマさんに出会ったら・・・


威嚇するでも、戦うでも、悲鳴をあげるでもなく、

”やさしく見つめながら、ゆっくり静かにあとずさりしてその場を離れる”

が正解です。



クマは99%ベジタリアンで、性格はやさしく我慢強く大変臆病。
人間がクマを襲っても、クマがひとを襲う習性はないそうです。



山奥にひっそりと住むそんなクマが、最近よく人里に出てくるようになりました。
農作物を荒らしたり、危険!ということで駆除されます。
被害をこうむる地元は獣害に悲鳴をあげ、
クマの他にも
イノシシ・サル・シカ等を有害獣として一匹残らず殺しています。

高く売れる胆のうを取るための乱獲も後をたちません。


現在はこの国始まって以来の”野生鳥獣大量駆除時代”だそうです。



その成果もあって

九州ではツキノワグマが絶滅しました。
四国はあと10数頭とのこと。

ちなみに100頭をきると、全滅は避けられないそうです。





ではなぜクマは人里に出るようになったのでしょう。


その理由に、生息地の喪失があります。
人間が奥山に入り込み、クマの住みかとエサ場を無くしました。



国策の拡大造林により、日本中の山はスギとヒノキだけの人工林になっています。

スギやヒノキの葉は苦くて食べられないし、動物のエサとなる実もなりません。
空腹に耐えかねて森から人里へと出てくるようになったのです。


一旦人工林を作ると、一生人間が手を入れ続けないと森は壊れてしまいます。
近年は輸入木材に押されて放置された人工林も多く、
陽が下まで射さないため一年中暗く、草も生えない死の森となっています。
また、スギやヒノキは根が浅いため、山の保水力が弱くなり
川の水位は減り、山崩れなどの災害にもつながっています。

この拡大造林は今も続いています。



人が手を入れる前の森は、
広葉樹をベースとした自然の森でした。

保水力があるため、豊かな湧き水があり、
エサも豊富なため色んな動物や植物、虫が生息していました。


豊富な水を利用して経済成長を遂げることができたのも、
日本に豊かな森があったからなんですね。





田舎に行って森の緑を見て喜んでいた私ですが、
中は動物が生きられない死の森だったなんて
本当にショックです。



別にクマ等の野生動物がいなくなってもかまわない、
と思う人がいるかもしれません。

けれど、森は生き物の絶妙なバランスで成り立っていて、
1種類でも除くと、森は砂漠化するといわれています。

クマのような大型動物が棲む森ほど豊かで、
クマはそのシンボリックな存在なのです。





森の消滅は野生動物、ひいては人類の絶滅につながります。




今、広葉樹を植える小さな活動をあちこちで耳にします。



d0085894_1624471.jpg私がふと読んだ冊子

「クマともりとひと」

動物の住める森の復元を目指して自然保護運動をしている

”日本熊森協会”のことを知りました。






次世代に豊かな森を残したい、
動物たちに安心して暮らして欲しい、

そんな想いを行動に移していきたい・・・。


ある日、森の中でクマさんに出会えるために
私も何かできたらと思います。







日本熊森協会

http://homepage2.nifty.com/kumamori/


小冊子「クマともりとひと」(100円)は↓こちらから購入できるようです
kumamoribook@docomo.ne.jp
日本熊森協会 担当 川嶋
[PR]
by k_mukumuku | 2008-07-23 17:55 | nature